Diary of Kamitsuki Rainy

今日の日差しは暖かかったです。

仕事をさぼってコンビニの証明写真ボックスの影に隠れ、だらだらしておりました。



ふと見れば隣で紫煙を燻らせる二十代後半とおぼしき男性、その足のつま先にスケボーを敷いております。

ニット帽にパーカーというラフな姿で、休日のスケボーを楽しんでいるのでしょうか。

器用に足を使って立たせたボードの裏には、ハートのプリントがありました。
あらキュート。



しかしここでひとつ疑問が。



スケボーって楽しいのか。

乗って滑るだけじゃないのでしょうか。

その年齢になっても遊べるくらい、エキサイティングな遊戯なのでしょうか。

彼は何でしょうか。

例えば近所のコンビニへ行ってくらあってな時にもスケボーを抱いて玄関から飛び出すのでしょうか。




いや、とすればスノーボードは楽しいのでしょうか。

サーフィンは?

芝スキーは?

だって乗って滑るだけだぜ?


あれ。

じゃあ俺は何が楽しいのでしょうか。



と、自我がゲシュタルト崩壊しかけたところで、ハート柄のスケートボーダーは駆け出し、ジャンプし、飛び乗って、


颯爽と池袋の街に消えて行きました。

楽しいんだろうな。


スケボー、とかリア充、って感じしますもん。

スノーボード、もサーフィン、もリア充、って感じしますもん。


スケボーもスノボーもサーフィンも、一度も経験したことありません。
今度教えてもらいたいものです。

芝スキーならあるけどな!






事務所のベランダの影でだらだらとさぼっていましたところ、

階下を横切る車道を、また別のスケートボーダーが疾駆して行きました。


なんだ。
流行っているのかい、スケボー。

一緒に仕事しようぜ。へい。

 

web拍手 by FC2