Diary of Kamitsuki Rainy

今日は頑張ろーうと決めた直後から意識が無い、と。

寝てる、と。

いつの間に……?

まさか……攻撃されている……!?

と見渡しても猫一匹。こいつがスタンド使いなわけないでしょ。



猫を膝の上に乗せ、目やにを取ってやってると、

子供ができたらこんな感じなんかなあと感慨深いものがあります。


遊ぼう遊ぼうと鳴きながらパンチされ

外に行きたいとお腹でジャンプされ

今日は日曜だから寝かせてっつってんのに

父さん今日は疲れてるからっつってんのに

いつの日かこいつが大人になって

スーツ姿のこいつに、「父さん、今日は奢るよ」とか言われて、
陰気なスナックででも一杯酌み交わしたいとこですな。

そしたら言ってやるんだ。

「お前は子供の頃本当に泣き虫でな。
にゃーにゃーにゃーにゃーそれはもうまるで、猫のようだった」


ああ、猫だったわ。

4月1日で誕生して一年を迎えるこいつは、
人間にして二十歳らしい。

大人じゃん!
もう鳴くなよー。



キュッ、っとやると「うっ」、っとなって黙ります。

シュシュ03

 

web拍手 by FC2