Diary of Kamitsuki Rainy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

web拍手 by FC2
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
渡航先生の「やはり俺の青春ラブコメはまちっている。」が読みてええ!
と、池袋のジュンク堂書店まで行ってきました。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

新品価格
¥630から
(2011/3/23 01:18時点)




略して「俺ガイル」


僕んちの近くの大山商店街では売り切れていたのです。
Amazonで注文したら代引きの手数料とか込めて300円くらいかかるじゃ、おおう!
携帯電話のサイレンがっ。



びっくりしたー。

何度聞いても慣れないもんですね。緊急地震速報のアラーム。
マナーモードにしても鳴るんだなあ。

東京はちょっと揺れた……? ような気がします。
まだまだ気は抜けませんね。




さて、何を言おうとしてたのでしょう。

俺ガイル!

給料もまだ出てない僕は、代引きの手数料を渋って、直接買いに行ったのです。
すぐ読みたかったしね!

大山のちっちゃな本屋にゃ売ってなくとも、池袋のでっかいジュンク堂にはあるでしょう、と。





無かった!



すげええ渡航先生。
ジュンク堂書店に売ってない本なんてあるの? ビル全部本なんだよ?

ここに無かったら、もうどこにも売ってないんじゃないだろうかと、
池袋にジュンク堂を超える本屋さんがあったろうかと、

とぼとぼ歩いてて、はっと気づいたのです。

確か池袋が舞台の「デュラララ!!」で竜ヶ峰帝人と遊馬崎ウォーカーらがファーストコンタクトを果たしたのは、〝とらのあな〟的な店ではなかったろうか!

てことはこの池袋のどこかに〝とらのあな〟的な店があるはず!



記憶をたどれば確かにあった!

何といっても専門店だぜ!

ここに無ければもう池袋に無いだろうと、

池袋に無ければもうどの街にも無いだろうと。

弾む心を押さえ付け、

見上げた先はとらのあな、

ライトノベルは二階らしい、

見つけたガガガ青一色、

俺ガイル!





無かった!




誰が買い占めしてんだよもう!

需要が震災時のカップラーメン並みってどんだけ!?

渡航先生すげええ。こんなにも手に入らないライトノベルがかつてあったろうか。

めちゃくちゃ人気作家じゃないですか。

ネットじゃなきゃ手に入んないってもはやレアじゃないですか。


その偉大さに打ちひしがれ
もう諦めてネットで買おうと、
代引きの手数料払っちゃおうと、
帰り道についでで寄ったヤマダ電機の地下一階。

普通にありました。

思わず「あるじゃん……」と呟いてしまうくらい普通に二冊、ちょこんとありました。


さすが渡航先生。何だろうこの気持ち……さすが渡航先生。



渡航先生は渡航日誌がまたすっげー面白いです。
第三回の受賞者ってどんな方なんだろう、と検索して見つけて以来、ずっと更新楽しみにしています。
貼り付けていいものかな。
いいかな、〝渡航〟で検索すると外務省のホームページ出てくるし(笑




いやぁ。

由比ヶ浜、超かわいい。

 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。