Diary of Kamitsuki Rainy

風邪を患うと怖い夢をみる確立が上がります。

カナダのバンクーバー辺りをグーグルマップで覗いていると、
ストリートビューに映り込んでいたのは拳銃を構えた白人男性、と。

これ夢の話ね?


銃口は子供含めた黒人たちへ向けられていて、こりゃあかんと、拳銃を取り上げてやりました。
すると今度は、無防備になった白人男性への集団暴行が始まってしまったじゃあありませんか。

その攻撃は筆舌に尽くしがたいほど非人道。
こんなにもグロい殺し方があったのかよってくらい残酷でした。
もうね。平山夢明ばり。
グロが苦手な俺の夢なのに!

自身に潜在的な嗜虐嗜好でもあるのでしょうか。いやいやまさかそんなバカな。

そいつらはもう、仕方ないので、指で弾いて全滅させておきました。加害者も。被害者も。


「ひぃい! どうしてこうなるんだ人間んんんんん……!!」と

自分の作ったものに怯える神さまの様な気持ち。ああ怖かった。

目を覚ましたとき、左足のふくらはぎがつってました。



今日は花見日和。

近所の小学校辺りではキレイな桜が舞い散っていることでしょう。

窓外に広がる透徹した青空。布団を叩く音が聞こえてきます。

何て平和な日曜日。ピース・サンデーと名づけましょう。



しかし僕は鬱々とした余韻引きずったまま読書です。

だってまだ、左足痙攣してる(涙

 

web拍手 by FC2