archive: 2011年04月24日  1/1

『檻の中の少女』

No image

弟144回Cobalt短編小説新人賞を、ファンタジーの短編『午睡の森』で受賞されたのが一田和樹さんでした。僕は143回なので、ひとつ違いになります。集英社の謝恩パーティー数日前に連絡を取り合い、挨拶を交わしました。だってさ、少女向け雑誌に男の作家って浮くじゃない? それ怖いじゃない。そういうときって担当編集は……ほら、忙しそうにしてて、話しかけられない……から……さ。実際はスーパーダッシュの面々もいらっしゃって、男...

  •  2
  •  0