Diary of Kamitsuki Rainy

ひゃああ面白かったガガガ放送局。
毎回登場するゲストにわくわくです。

第十回の放送である今回は、川岸殴魚さんが登場されていました。
まさか満開の桜の下、ポメラで執筆されてるとは思わなんだ。

川岸殴魚さんといえば、小木君人さんや山川進さんと、交換日記によるブログを開設されたようです。

うちの魔獣に人生を?

小学館ガガガ文庫2012年4月刊
「うちの魔女しりませんか? 3」
「森の魔獣に花束を」
「人生 第2章」
を知っていただくための期間限定ブログ

とトップにはありました!
前回のガガガ勉強会で、小木さんがちょこっとだけ話していた「何か面白い企画を~」というのはこのことだったのですね。
次々と面白い企画を打ち出す先輩方に脱帽っす。
おっと、フランクになりすぎたか! 脱帽です!



もうね、自分の言葉で文字書くのが久しぶりな感じでっさ。
どういう口ぶりで書いてたかな記事って。

何気にブログ書くのは数ヶ月ぶりなのでは?
パス忘れてログインできず、「おやおや……」と白目向くくらいには久しぶり。

なぜ広告記事に拍手が(笑



自分の言葉ではない文章は書いてました。
ええもう毎日黙々と。肩が痛くてひんでしまいそう。
ひんでひまう。

あまりの痛さに近く両肩から黒翼でも生えてくるのではないかと、日々わくわくしております。
ぐわっしゃああって。

へい。
そうだ俺はライトノベル作家だったんだよ。
一年も刊行してないから忘れていたぜい。「ぐわっしゃああ」なんて小さな表現でどうするよ。黒翼が生えるならこうだろ?



ぐわっしゅっびゃああああ、づべべべべべっ! な、なんじゃこれえ羽……!? 漆黒たる……羽!?
ら……、ら……、
らめえええええええええええ!!!!! ぶわっさっ、ぴゅーーーん。




息切れするわ。
ぴゅーん、の部分は夜空へ飛び立って行った音です。
都会の闇にたゆたう〝やけに紅い月〟を想像して頂けたでしょうか。

月を見ること適わなかったと仰るのなら……それは僕の筆力の未熟さが原因でしょう……精進します。


未熟ながらも小生の新刊は、おそらく年内には刊行できると思われます。遅くなってごめんね。
その時はよろしくまた会いましょう。

あぢゅー。


ちょ、酷いな、筆力というかタイピングがまずい、アデュー!

 

web拍手 by FC2