Diary of Kamitsuki Rainy

あまりの時の流れの速さに驚きを隠しきれない今日この頃。
シルバーウィークなんて、ジュラシックパークシリーズを一から見直してたら、もう終わってたよ。
地球の自転早すぎぃっ!

「七日の喰い神」が刊行されてから、もう七日。
初動は落ち着いたころでしょうか。
Amazon見たら〝在庫あり〟からもう動かなくなっていました。
ってかレビュー書いてみんな、お願い。


さて。
今回の本には、あとがきがありません。

大人の事情、ってかページの都合ですね。
僕的には、あとがき苦手なので、実は嬉しかったりします。

あとがきって。
書くのだいたい明け方なので、原稿終わりの開放感も相まって、妙にテンション高かったりするのさ。
あの部分は黒歴史だよ。
黒歴史が刊行されてるとか、もう過去ごと受け入れるしかないよ。

いつか僕に息子や娘ができて、僕の本を読んだ彼らに、「父ちゃん、あとがきだけは元気だね」とか言われたら死んでしまう恥ずかしくて。
「父ちゃん徹夜明けだったからねえ」って言い訳しよう。

僕は普段、いつだって落ち込んでいるので、日常の会話で「!」なんてほとんど使いません。
使う場面と言えば、ブログとか、なうりぼんさんとメールして緊張してる時くらいなもんです。

自転早すぎぃっ! なんて絶対に口に出しては言わないのです。

だから、今までの刊行された元気いっぱいのあとがきを読み返してみても、まるで自分じゃないみたい。
毎回「あとがき書きたくないよう」と訴えるのですが、担当のハマダ氏が許してはくれません。

「ダメ。あとがきを楽しみにしてる読者もいるから」って。

えぇ? いるぅ?

了のあとにさ、はいどーも作者でーす、とか、いるぅ?
物語の雰囲気壊してない? 大丈夫?

てね。
駄々こねてるだけで、僕も一読者として、本読んだ時にあとがきなかったら、確かに寂しい。
謝辞は書きたいしね。

ということで、存在してます。
一巻のあとがき。
ガガガ編集部ログに載っています。下から飛べます。
07 ガガガ編集部ログ




二巻には、ちゃんと巻末の方に載るかもしれない。あとがき。
けどそんなことより二巻では、なうりぼん先生の描くラティメリアも載るかもしれないんだ!

CPHUMVGUYAAiG4V.png


え、いいの!?
ラティメリアのブレザー制服姿とか、抱き枕仕様の半裸姿で「抱っこ」とか、ヴィクトリア朝時代のロングスカートメイド服とかでも、いいの!?
載せて欲しい。本文削ってでも、
すけべなラティメリアが見たいぃっ!






けど待って!? ヴィクトリアンメイド服姿は、ハイドラさんの方が似合いそうだぞ……?

 

web拍手 by FC2