Diary of Kamitsuki Rainy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

web拍手 by FC2
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
それにしても一瞬、でございますな。
徹夜明けでうっかり目をつぶってハッと気づいたら数時間寝ていた、みたいに、
パソコンになんか元々入ってた「キャンディクラッシュ」に夢中になってたら、二月になっておりました。
「ん~、Juicy!(低い声)」




いやいやどうか遊んでばかりだと思ってくれるな。
きちんとお仕事もしておりますよ。
一月はそう、スニーカー文庫や富士見ファンタジア文庫、MF文庫Jなど他にも多くのKADOKAWAグループ合同で行われた、盛大な新年会にお邪魔させていただきました。
様々な作家さんや編集さんにご挨拶し、売り込んでお仕事をいただくチャンスの場でございます二ヤァ。

とはいえ小学館以外のパーティーはあまり馴染みがないわけで、まるでアウェイ。
数少ない知り合いの作家さんと、「来ちゃったーえへへ」「え、ガガガなのに?」みたいなやり取りを数回したあとは、居並ぶ料理の数々へ、丁寧に丁寧にご挨拶させていただきました。
ああ超おいしかったなあフグの唐揚げ……今年も頑張りますぅよろしくお願いしますぅ……。

人と話すのが苦手で、
ひとり黙々と作業できると考え、
将来、執筆業を目指している諸君へ、声を大にして言いたい。
小説家もフリーランスだぞ!
必要なのはコミュニケーション能力だぞ!
フグの唐揚げは仕事くれないぞ!



ブログに載せるために、なんか写真でも撮ってなかったなあとスマホを見返したところ、その日撮ったのが一枚だけありました。

IMG_1847.jpg

こ れ は ?

ああこれは、パーティー会場のホテルの日本庭園の川、ですね。
決まった時間で自動的に行われるのか、ライトアップされた川に水蒸気がぶわぁっと吹きつけられてて「わあきれぇい」と写メったやつですね。
パーティーから抜け出して。

ひとりで。



パーティーが終わったあとは、あれよあれよと富士見ファンタジア文庫さんの二次会へとお邪魔することになりました。
規模がひとレーベルとなり、知り合いの数もぐっと減ってうふふ、もっとアウェイ。
チーズがね、おいしかった。


アクティブにあちこち話しかけて回ることはできませんでしたが、多くの作家さんを目撃できたのは、大変有意義でございました。
誘っていただいた編集さんに感謝でございます。楽しかった!

あかほりさとる先生のオーラはすごかったぜ。

 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。