スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら砂義さん。

先日、自主映画製作の手伝いに行ってきました。
スタジオのある曳舟からは、スカイツリーが見えます。

曳舟スカイツリー

監督、脚本、制作などは〝寄生彼女サナ(ガガガ文庫)〟でお馴染み、砂義出雲さんです。
音楽やったり、小説やったりと、多才な人ですな。
この日は主演も兼任してました。

wow!.jpg

兄貴役。わお。



ところで、僕は映画の専門学校出身です。
映画を撮る人になりたくて上京して、いつの間にか小説を書く人になってました。

シナリオはちょいちょい書きためていたんですけどもね。
映画ってだいぶお金がかかるんだ。制限もあるしさ。

「うちの屋上燃やしていいぜっ」なんて学校がどこにあろうか。


ただ、小説に夢中の今となっても、
久しぶりの撮影現場には、懐かしくて心躍りました。

助監さんと砂義さん


僕もワンカットだけのちょい役をもらいました。

殺し屋

見ての通り、孤高の殺し屋でございます。
すれ違いざまに兄貴を暗殺する役。



――ズダァァアンッ!!

さよなら砂義さん


撃ち殺したったw

さよなら砂義さん。いい仕事したぜ。
映画は来年、渋谷のどこかで上映されるそうです。


寄生彼女サナ (ガガガ文庫)




関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。