スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもひでぼろぼろ。

携帯電話が壊れ、いよいよ買い替えの時期となりました。

データを移さないと。

ブログ用に撮っておいて使ってない写メ。けっこうあるものです。

玉ねぎ

10/12/19 の日記の玉ねぎはこんなに大きくなりました。
自らの手で芽吹かせた命というのは愛しいもので、
世界一の玉ねぎに育ててやるぞう、
と意気込んでいたのですが

この数日後ねぎ汁でベタベタし始めたんで捨てました。
そんなものでしょ? 愛なんて。


パーティー

集英社の謝恩パーティーに出席したのは、2010年11月24日のことでした。

なにぶん初めてのでっかいパーティー。
受付で「お名前を記帳してください」と言われ、ここここれは本名なのか!? 筆名でいいのか!? カミツキ、とかそんなふざけた名前、こんなちゃんとしたこんなとこに書いていいのか、とテンパり、参考にしようと隣の欄を覗けば会社名。

なんの参考にもならず、恐る恐る「カ・ミ・ツ……」とゆっっっくり書いていたら、受付の方が名札を持ってきてくださいました。よかった! あってた! でもその名札恥ずかしい!


パーティーが始まって最初の方は、カタカナのペンネームにしたことを後悔して会場の隅でモジモジしておりましたが、とは言えやはり胸の名札が目立ってくれたのか、たくさんの方々に見つけていただきました。

カタカナにしててよかったー!


コバルトに掲載された『スーツケースの君の声』にイケメンかっちゃんや胸きゅんハルを描いてくださった有村安息日さんは、その絵のように可愛らしい方でした。あんなに若い方だったとは!
女子高生がスーツケースに監禁され運ばれるという、えらい鬼畜なミステリーを少女向けに仕上げていただいて、感謝の限りです。またいつか描いてもらいたいなあ。


僕の掲載された次の号の短編小説新人賞を入選された一田和樹さんには、いろいろと教えていただきました。
おかげ様で三浦しをん先生にご挨拶できて、感無量。
なんと、スーツケースを覚えていてくださったのです。先生、たくさん新人賞の選評されてるのに! 感無量!


一田さんは他に、第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞されていまして、僕はそのミステリーが出版されるのを、今か今かと待っておりますようふふ。
関連記事

- 4 Comments

一田和樹  

カミツキレイニーさん、ごぶさたしてます。
パーティおもしろかったですね。

私だって、カミツキレイニーさんの本が出版されるのを待っています。これだけいろんな人に愛される作品を書くんですから、時間の問題ですよ。
「スーツケースのの君の声」は、すごかった。

カミツキレイニーさん自身の出版パーティでお会いできるのを楽しみにしています。

一田和樹



2011/02/23 (Wed) 06:43 | EDIT | REPLY |   

カミツキ  

お久しぶりです。
その節はお世話になりました。
出版は三月頃でしょうか。
楽しみです。


実は、ブログを再開したのには理由があるのですようふふ。

2011/02/23 (Wed) 15:07 | REPLY |   

一田和樹  

出版は、4月の終わりくらいです。

ブログ再開は、もしやニコ動と関係が!?
それとも、なにか動きが!?

2011/02/23 (Wed) 21:02 | EDIT | REPLY |   

カミツキ  

四月の終わりですかあ。
もうちょっとですね!

僕も負けないよう
今年はがんがん活動しまっす!
これからを乞うご期待です\(`ゝ`♯

2011/02/23 (Wed) 22:39 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。