スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな朝はスーパーヒーロータイム。

年々涙もろくなってきている気はしますが、海賊戦隊ゴーカイジャーでぐっとくるとは思いませんでした。

すごい! ゴーカイジャーがシンケンジャーに変身したああ!
でもシンケンジャーって何だああ!


学生の頃はヒーローショーのスーツアクターをしていました。
毎週日曜日にバイト感覚で地球の平和を守っていましたが、
上京してからは、ヒーローじゃ食っていけねえぜとやさぐれていました。大人になるってそういうこと。

最後にかぶったのは魔法戦隊マジレンジャーだったような。
今は地球って海賊に守られていたんですね。豪快に。



でもやっぱり五対一は卑怯だと思うんだ。
僕に悪の幹部をさせていただけるなら、一話目から一年分の怪人を巨大化させて出撃させるのに。
友情とか絆とか全部踏み潰してやるのに。大人になるってそういうこと。

【youtube】海賊戦隊ゴーカイジャー第五話「ジャッジメント パイレーツ」トレーラー

うぉいジャスミン! デカレンジャー! 懐かしい! 



仮面ライダーも見ました。
ライダーの色、毒持ってそう。

プリキュアも見ました。
黒猫セイレーン可愛い子。

題名のない音楽会……は見ませんでした。
それは昔から見てはいなかった。


戦隊モノは35年も続いているそうです。すごいな。生まれてないよ俺。
未だにオープニングに原作・石ノ森章太郎ってあるんですぜ。

いつまでも続いて欲しいものです。息子と一緒に見るのが夢。
でもネタ切れないかが心配ですね。
もうネタがないというなら、僕が書こう!



んんんんんん……。



符号戦隊・カコレンジャー!

(丸カッコレッド)

「鉤カッコブルー」

[角カッコグリーン]

{波カッコイエロー}

〔亀甲カッコピンク〕

謎の六人目≪ギュメ≫
またの名を≪二重山括弧(にじゅうやまかっこ)≫~Wikipediaより



五人は物語の後半、それぞれ二重にパワーアップします。
例「鉤カッコブルー」→『二重鉤カッコブルー』

必殺技は
「パレンセシース・シャッティング!(和訳・括弧閉じ)」

決め台詞は
「格好(カッコ)つけるぜ!」



どうでしょう。

ダメでしょうか。
ダメでしょうね。

〔亀甲カッコピンク〕あたり、妙に色気があってわくわくしてしまうのですが。
ちくしょう大人になんてなりたくなかった!
関連記事

- 4 Comments

桜なつ  

亀甲カッコピンク、私も妙にわくわくします。やっぱり大人だからでしょうか。でも自分女なんですけども…。
戦隊ものは確かに意外にも泣ける要素を盛り込んできますね。敵のボスが実は生き別れの父親だった!とかね。
あ、今回はこちらにカキコんでみました。先日はご丁寧にブログでのお返事ありがとうございました。

2011/05/08 (Sun) 10:17 | EDIT | REPLY |   

傷心のごろを  

亀甲カッコピンクは緊縛戦隊シバレンジャーも兼務できそうですね。

ギリギリセーフ・・・?

2011/05/09 (Mon) 01:56 | REPLY |   

カミツキ  

>桜なつさん

子供たちは戦隊モノで、友情の大切さや戦うことの意味を学んでゆくのですね。
僕は子供の頃、ロボット戦しか見ていませんでしたが(笑

コメントできたのですね!
良かった(``#

2011/05/09 (Mon) 07:56 | REPLY |   

カミツキ  

>傷心のごろを

キャンドルレッドとかねっ。
敵の幹部は〝蛇いちご〟だな。
アウトー。
どアウトー。

せっかく上でいいこと言ったばっかりなのに!

2011/05/09 (Mon) 08:23 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。