Diary of Kamitsuki Rainy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

web拍手 by FC2
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前三時でございます。
家に食べるものが何もないので外に出たいのですが、奴に監視されているため、動けません。

奴は、僕が玄関のドアを開けるその瞬間をじっと待っているのです。
そんなに外が好きかよ。
危険だらけなのにさ。

以前はカニカマをあげて気を逸らし、隙を見て家を出ていたのですが、近頃その手が通用しなくなってきました。
カニカマよりも、外への興味の方が勝るようなのです。

奴は最近、カニカマ食べてる途中でも、ドアを開ければハッと顔を上げます。
額の上に「!?」を飛ばしたかと思うと、「こんなものいらぬわ」とばかりにカニカマを捨て置き、玄関へと駆けてくるのです。

全力で向かってくる猫の姿に、玄関先の僕も、頭の上に「!?」と出るってなもんです。
慌てて外に出てドアを閉めると、ずっと「ニャアニャア」騒ぎ立てる。
もの悲しい鳴き声を、ご近所に響き渡らせるのさ。

昼間ならまだしも、午前三時だぞ……。
やめてよ外出られないんだけど。


さっきやっと眠ったかと思って、こっそり財布をポケットに入れたところ、その蚊の鳴くような微音すら察知し、猫タワーを下りてきよるのですよ。
〝財布持つ者は外への扉を開く〟ってバレてるんですかね。
お前、いつからそんなに賢くなったんだ……。

カニカマに飽きたのかと思い、ささみとか猫缶とか、いろいろ買って試してみましたが、やっぱりすぐに走ってくる。
マタタビぺろぺろご満悦で舐めてる最中でも、ドア開ければロケットのように飛んでくるんだ。
その尻を掴んで外へ出すものかと引きずりながら、僕はもう、泣きそうでございますよ。

もう頼むいい加減にしてくれ。腹減ったんだ。
冷蔵庫を開けても残ってるのは、ささみとか猫缶とか……食えるか!
なんで奴の食べ物の方が充実してんだ……!


僕は他の猫を知らないので、猫って玄関から飛び出すものだと思っていました。
飼い主はみんな、カニカマ放って逃げるように家を出るものだと……。
けど後輩の猫はそうじゃないみたいだし、ヤフーの知恵袋じゃあ、そんなうちの猫に困ってますって投稿があるし。

やっぱ違うんだ。
俺はなんだ、ラプンツェルでも飼ってたのか。
「外に出たいの」と悲しそうに鳴きやがると、こちらも少々の罪悪感を覚えるのでございます。
けどさ、閉じ込めた魔女の方に感情移入するんだ。
「外は危険なんだ。お前を護っているんだ。なのに私を悪者にしたいのかい?」ってなもんよ。
悪者でいいよもう、今日なんも食ってねーんだぞちくしょーう。

動けないので仕方なく、ラプンツェルが再び眠りにつくまでブログでも書こ、と書いてるわけです。

でもねほら。
まだ見てる。

IMG_1094.jpg


何それ物見やぐら?
もう四時じゃん。さっさと寝ろおお。

 

web拍手 by FC2
 プールの水底が、蛍光灯の光にキラキラと煌めいておりました。
 ふふ。私はこれを見るのが何よりも好きでね。
 うつ伏せに顔を浸けてプカプカ浮かんでいたところ、小走りで監視員さんが駆けてきました。

 叱られました。

「あまり長く潜られると、お客様が浮かんでこられないのか、判断がつきませんから!」って。

 えウソ溺れたと思われたの……?
 いや俺そんな挙動不審だった……?
 
 きっと僕が、逆三角形でスラッとした、いかにも「泳げます」的体型であれば、そこまで心配されることもなかったのでしょう。
 隣の上級者コースでは、まさにそんな体をした雰囲気イケメンたちが、バッシャアバッシャとバタフライやらクロールやらを披露しておりました。

 ゴーグルを額まで上げ、飛び込み台そばに置いてたボトルをくわえて「7㎞くらいは泳いだんじゃね?」と談笑する彼らの水を弾く筋肉たるや。
 何あの人たち。まじFree!

 こちとらひょっこりひょうたん島ですよ。
 ひょうたん島は225m進んだところで足をつりそうになって、あとはもう、ただただ浮く有様でございます。

 それさえ監視員さんに禁じられてしまったのだからさ。どうするのさ。
「お客様が浮かんでこられないのか――」じゃないよ。浮くよ。
 この体を見ろ、ひょうたん島だぜ?




 この動画、数年前に同じの貼った覚えがあるぞ……。

 ちくしょう、どうして俺はいつまでたってもひょうたん島なんだ。
 筋トレだってしてるし、時々は走ってるし、生活リズム乱れてるから、一日一食しか食べてないのに!

 7㎞も泳げなくたっていいんだ。
 225mで充分さ。陸で生きてるんだから。
 ただ僕は、彼らのような水を弾く瑞々しい肉体が欲しいっ!

 半年前にジムへ入会したのはそのような動機だったからなのですが、ほとんど通えていなかったのですね。
 ネタ出し、プロット、いざ原稿。改稿、改稿、また改稿ってさ。
 何? なんで終わんないの?

 掃除もせず、ご飯も作らず、ひたすら書いては寝て書いては寝てって、これ生きてるって言える?
 ここは地獄なの? これ八大地獄の一つなの? 原稿地獄なの?
 どっかに太宰治でも堕ちてんじゃないの?
 とまあ再開早々グチってしまいましたが、僕の遅筆が原因なので、人のせいにもできません。

 そんなこんなで、ひと月4回通えるプランなのにさ。
 毎月、2回、3回しか通えませんでした。
 月末になるといつも損しているような気がして、日に日に贅肉が蓄積されているような気がして、もう、つらかった、けどっ。
 その地獄も終わったのさ! Yay!
 いよいよ刑期を終了したんだ!

 ということで月末の4月30日、慌ててジムへ泳ぎに行ったわけでありました。
 ただ三回目だったから、結局、1回損しているんだけどねえ。

 今月からは、ブログの方もぼちぼち再開しようかと思います。
 宣伝ブログだぜ。
 七日の喰い神三巻、は5月18日ごろ刊行予定です。
 予約受付中なんだぜ?
 レビュー書いても、いいんだぜ?

七日の喰い神 3 (ガガガ文庫)





 ぷかぷか浮くだけでも、プールとは楽しいものでして。
 ひと泳ぎしたあとの、蒙古タンメン中本もまた格別なのでございます。

 バギャーン!
 一番のお気に入りはコレ、蒙古卵麺900円!

img1462064897803.jpg



 さらにチャーシュー飯210円を追加でバギャーン!

img1462064877342.jpg




 これがまた美味いんだ。
 うふふ。しあわせ。



 あ、これだわ、ひょうたんの原因。

 

web拍手 by FC2
しちゃったね、放置☆

いやあ、びっくりした。
10月に入ってから、一度も書いてなかったみたい。
そろそろトップに広告が出る時期かと思いましてね。
原稿のノルマまだ終わってないけど、書きにきました。逃げてきました。


と言ってもですよ。
七日の喰い神に関する情報はもう無いのです。
本出さなきゃネタがないのが作家ブログでさぁ。

でもね、ミニッツ最新刊が出た!
ばぎゃーん!

ミニッツ (5) ~鬼火の消えるとき~ (電撃文庫)




乙野四方字さんは気さくな方でね、トークがすげえ面白いのですよ。
妹さんのことが大好きで、その萌えっぷりを散々聞かされたあとに、「ただ一つ問題があって……」と打ち明けられた唯一の問題点が、妹さん三〇歳超えてるっていうね。
「僕より年上かよ!」
脳内で出来上がってた妹像が、跡形もなく瓦解した瞬間でした。

しかし乙野さんも遠くに住んでいるため、なかなか会うことができません。
そんな僕に朗報。
ミニッツが最終巻だということで、購入者になんと、乙野さんがサインしてくれるらしい!
乙野さんのノートに!
え!

乙野さんのノートに!?

まあその画像を貰えるわけですね。
仕方がない。遠いんだもの。
「これは乗るしかない」とさっそく購入いたしまして、ばぎゃーん!

08 img1444849520347



サインいただきました! ばぎゃーん!

08 img1444849461293



やったぁありがとう乙野さん!
一人一人にコメント書いてくれるというこの優しさ。

この、デジタルサイン企画おもしろいですね。
そりゃあホントなら生で欲しいけどさあ。
けど読者と作家の交流もできるし、
読者としても、
「へえ。乙野さんって、こんな字書くんだあ」って知られざる一面を見られたようなお得感もあるしね。
このデジタルサイン企画、20日までやってるんだって。
ミニッツファンは、乙野さんのTwitterを要チェックだぜ!

僕が企画したら、応募してくれる人いるんだろうか……。

編集部にファンレターくれたら、生でサイン返すぜ!(便乗宣伝)




もうね、やばい。
いよいよ本当に修羅場チックになってきました。
ブログに逃げたら、それだけで一時間以上かかっちゃいますからねえ……。
原稿しなきゃ。ノルマ終わってないんだけど。もう午前四時なんだけど。

ブログの更新も難しくなってくると思います。
喰い神二巻発売までは、そんなに更新できないょ。
せっかく買ったミニッツも読めねえょ。分身しょ。

ただ僕が今分身したとしても、どっちも寝るんだろうなぁ。

 

web拍手 by FC2
おう……。昨日、記事書いてなかった……。
せめて七日までは続けようと思っていたのに……。
七日までもたねえよ。
「五日の喰い神」くらいにしとけばよかったよ。


昨日は潰れていました。呑んだ翌日とはまあ大抵は弱っているものです。
けどしまほっけは、んまかったー。

04 ぷしゅー



しまほっけには日本酒よの。ぷしゅー。ワカコ酒。
一緒に呑んでたライターさんがブログを見てくれたらしく、僕が「しまほっけ、しまほっけ」言ってたから、丸々一匹くれました。メルシー。


……メルシー……。うん。
書けることなんてそれだけで、もうネタがありません。
昨日は酔い潰れて、寝てただけだし。

例えば僕がアイドルだったなら、楽屋でのオフショットとか載せて、お得感を出せたのかもしれない。
例えば僕が絵師だったなら、粋なイラストで訪問者を楽しませてあげられたのかもしれない。

しかし悲しいかな、一介の物書きに果たしていかようなコンテンツが用意できようかっ。


明け方、池袋西口公園にて。
「ソフトマッチョになりたい」と打ち明ける僕に、「見てみますか?」と出し抜けに上着を脱ぎ出すライターさん。
その固くなった腹直筋をつつきながら「わあ、すごぉい♡」とかやってるおっさん二人(始発待ち)なんてレポートしたところでだよ。

「誰得だよ」だよ。




せめて何か絵でも、と思い、唇の厚いリンゴを描きました。

01じゅ

作品名「唇の厚いリンゴ」。


(´_ゝ`).。oO(これ、東京オリンピックのエンブレムにならんかなあ)




03が
にやぁ。

 

web拍手 by FC2
めざましテレビによる今日の双子座の運勢は、9位。
ミスを指摘されピンチに――とありましたが、人と話す機会はほとんどないので、きっと大丈夫。
さっき仕事で送ったメールの宛先、大丈夫だよな……。

とは言え、占いは信じないので、関係のないことです。
だってほら、
星座が人々に均等に割り振られてるのかなんてのはわかりませんが、
単純に12等分されてるとすれば、
今日、全国で12人に一人がピンチに陥ってしまうことになるでしょう。
しかもそれ、みんな双子座。
大変なことですよ、これは。双子座、逃げて。

ラッキーアイテムが〝ボールペン〟とあったので、ボールペン持ってる人は回避できるのだろうか。
やはり信じられない。
占い師はボールペンって、どうしてわかるのさ。
水晶玉にボールペンが浮かび上がるの?

最下位の射手座なんて
ラッキーアイテム〝白子ポン酢〟だぜ?
水晶玉に白子ポン酢、浮かび上がるの?
それホントに白子ポン酢?
豆腐とかじゃなくて?

やはり信じられない。
学生の頃、クリスマスイブにラッキーアイテム〝手作りケーキ〟とあった時から信じられない。
彼女いないのに手作りケーキとか、それ自分で作って自分で食って「メリークリスマース」て、
どう考えても不幸だろうよ。ラッキーアイテムのせいでアンラッキーだろうよ。


ということでね、
占いはまあ聞き流すくらいが丁度良くて、
それよりも
人質になってるジャーナリスト後藤さんやヨルダンのパイロットの無事を祈るばかりです。

よし。今日は何となくボールペンで執筆すっかな!

 

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。